チャット友達からリアル友達へ

日々のチャット生活について綴っています

チャット友達からリアル友達へ

チャットの友達

チャットの友達 私にはチャット上での友達からリアルの世界の友達になった人がたくさんいる。主にヤフーチャットを利用していた。そこで共通の趣味の話題で盛り上がれる仲間を探したのだ。

なぜなら、まわりに共通の趣味を持っている友達がいなかったからだ。チャットの良い所は、純粋に「共通の趣味」ということで年齢、性別問わずに友達になれることだ。そこで仲良くなった友達は、顔も年齢もわからないが、不思議と現実世界の友達のような感覚になる。

チャット上の友達は私と同じ境遇で、まわりと共通な趣味をもっている友達がいないor少ない人が多かった。お互い、毎日、時間を忘れて、チャットをしていた。自然な流れでチャット上から実際に会って遊ぶようになった。チャットで知り合って、十五年が経った今でも、よく遊ぶ友達だ。こうした経緯から私は、チャットは最高のコミュニケーションツールだと思う。

使い方次第では、かけがえのない友達も作れる。最後に、、ヤフーチャットよ、親友に巡り合わせてくれてありがとう!


スマートフォンチャットの使い勝手

スマートフォン機器 私が数年前から、スマートフォンでLINE・パソコンではスカイプを良く使うようになりました。まず、最初に挙げたコミュニケーションツールについて書きます。これは、前に使用していた携帯電話の調子が悪くなり機種変更したのを機に利用するように。

携帯を変えて何が不明点なのか分からなかったので、この事に関しては家族の中で先にアプリを持っていた妹に聞いたり、ある場所でお世話になった人達に教えて貰いながら操作方法を覚えていきました。 そんなある日、パソコンを習っている所で一緒にお弁当を食べていた自分より年上の女性と「遊ぶ計画を立てよう」という話が出たのです。

そこで、連絡手段を相談してこのソフトの“グループ機能”で共通の話をすると決定しました。でもその時は、操作も把握していない状態でした。だから、招待をしてくれた方に「これ、どういうモノ?」と尋ねたうえで使用開始。実際にやってみて、慣れていないという事もあったでしょう。最初に思ったのは「文章を送っていないのに、バイブが鳴って怖い…」でした。今は恐怖心も無く、会話を楽しんでいます。 

次に、2つ目に挙げた物についてです。これは、メールより簡単にエンターキ-送信出来ます。それが便利な点です。ただ、文章中に改行は難しいです。自身もこれを知らず、何回か失敗した経験から考えた末に「長文の場合、メモ帳に文字を書いてからスカイプにコピーペーストする」という自分なりの工夫で、スムーズに活用出来るようになりました。主にビジネスシーンはこれでやり取りします。



テキストチャットは手軽で便利

チャットする女性 最近はネット回線の高速化のおかげで音声通話どころか映像通話ですら無料で出来る便利な時代ですが、それでもテキスト主体のチャットはまだまだ現役ではないでしょうか。

音声通話や映像通話は席を外したりする事に気を使ったりしますが、テキストチャットならちょっとぐらい席を外すのに気を使う必要もありません。また、メッセージを残しておくことが出来るのもテキストチャットの魅力ではないでしょうか。

相手が退席中とわかっていても、取りあえず残しておきたいコメントなどはテキストチャットの方が気楽に送ることが出来ます。また、短い内容の案件であれば通話をするよりも文字で打ったほうが早いと言ったメリットもあります。

そのためテキストチャットは音声通話などの下位互換ではなく、まったく別物であると言えるのではないでしょうか。音声による通話は確かに便利ではありますが、文字でやり取りする便利さと言うものもあると思います。それをはっきりと体感できるのがテキストチャットではないでしょうか。

スマホチャットレディ